ユニオンアリーナさんAmazonで定価割れ…パラレルカードで逆転はあるのか?[UNION ARENA]

爆死となるか?

こんにちは管理人のえだまめです!

今回は今年の3月に発売が予定されている「ユニオンアリーナ」がAmazonで定価割れ状態になっている件についてです。

まだ発売が先というのもありますが、目立った最新情報がなく全くと言っていいほど盛り上がりに欠けている状況です。それに加えて定価は7,000円越えと高額ですし、爆死の可能性も出て来ましたね。

 

詳細

名称 ブースターパックコードギアス 反逆のルルーシュ
発売日 2023年3月24日(金)
価格 1パック385円、1BOX7,700円
名称 ブースターパック 呪術廻戦
発売日 2023年3月24日(金)
価格 1パック385円、1BOX7,700円
名称 ブースターパック ハンターハンター
発売日 2023年3月24日(金)
価格 1パック385円、1BOX7,700円

まさかの定価割れ…

Amazonで転売が開始され始めた時は9,000円程で出品されていましたが、現在はハンターハンター以外のボックスは定価の7,700円を下回っており、コードギアスに至っては7,400円まで下がっています。

そもそも定価7,700円が高過ぎるというのもありますが、やはりまだ収録内容が良く分からない状況なのでいまの時点でこの価格で欲しいと思う人が少ないのは当然なのかもしれません。

パラレルカード次第?

ユニオンアリーナがここから大逆転するためにはやはりコレクター需要の高いカードを収録することが大事になってくると思います。YouTube公式チャンネルで放送された「プロジェクト発表会」ではパラレルカードの存在があることを明言されていたので注目が集まります。

基本的にアニメ絵で構成されると思うのでワンピースカードゲームのような原作絵でのイラストカードはないと思いますが、アニメ制作会社による書き下ろしイラストの収録には期待できるかもしれません。

ヴァイスシュヴァルツのような箔押しのサイン入りカードなどがあればなお良いですが、果たしてどうなるでしょうか?定価7,700円もするのであればそれくらい気合を入れて作って欲しいとは思いますよね。

 

おすすめの記事