ユニオンアリーナさん全てのボックスが見事定価割れに…鬼滅もアイマスも転売ヤー大爆死!次の新弾はどうなる?

爆死箱連発

こんにちは管理人のえだまめです!

今回は2023年3月から始まった新作カードゲーム「ユニオンアリーナ」の相場についてです。

バンダイの新作ということで話題となりましたが、定価が高過ぎることもあり、人気に火が付く様子がありません。ボックスの相場も全てが定価割れとなっている状況です。

 

詳細

名称 UNION ARENA  HUNTER×HUNTER
価格 1パック385円(税込)、1BOX7,700円(税込み)
発売日 2023年3月24日

名称 UNION ARENA コードギアス 反逆のルルーシュ
価格 1パック385円(税込)、1BOX7,700円(税込み)
発売日 2023年3月24日

名称 UNION ARENA  呪術廻戦
価格 1パック385円(税込)、1BOX7,700円(税込み)
発売日 2023年3月24日

名称 UNION ARENA  鬼滅の刃
価格 1パック385円(税込)、1BOX7,700円(税込み)
発売日 2023年4月28日

名称 UNION ARENA アイドルマスター シャイニーカラーズ 
価格 1パック385円(税込)、1BOX7,700円(税込み)
発売日 2023年4月28日

現在の相場

各ボックスの現在の相場は上記の画像のようになっており、全て定価7,700円を下回る価格となっています。もっとも高額になっているのが鬼滅の刃でアニメ放送の影響があるのかもしれませんね。

最初に発売された3種に関してはかなり値下がりし、呪術廻戦とハンターハンターに至っては4,000円台で取引されています。コンテンツ自体は非常に人気ではありますが、やはりアニメベースでは限界があるように思いますね。

ショップでも格安販売

ショップでもかなり安価で販売するところも増えており、定価ではなかなか売れない状況になっているようですね。最初は売れることが多い新作TCGですが、かなり苦戦している印象です。

次の新弾は?

次回の新弾は2023年5月26日発売の「Tales of ARISE」と「転生したらスライムだった件」になります。既にAmazonでは転売されており、定価7,700円を下回っている状況です。

この2つも作品自体に一定の人気があるので需要はあると思いますが、やはりこれまでのユニオンアリーナの内容では定価を上回る需要が生まれる可能性は低そうですね。

タイトル自体は非常に豪華なのでテコ入れすれば逆転のチャンスはあると思いますし、このままではプレイヤーが増えるという雰囲気もありません。背景までしっかり描いた豪華な書き下ろしイラストに個人的には期待したいですね。

 

おすすめの記事