【遊戯王価格】青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)20thシークレットレアWCS2018最新価格推移、今後の値上がり予想

現在の価格 180,000~190,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

この記事では遊戯王カードのブルーアイズホワイトドラゴン(20thシークレットレア)の最新情報や最新価格推移を紹介していきます。価格に関しては変動次第更新していく予定ですのでチェックお願いします。

ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン能力・効果

属性 光属性
種族 ドラゴン族
レベル 8
その他項目 通常
攻撃力 3000
守備力 2500
コード 2018-JPP01
カードテキスト
高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。

ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンとは?

2018年8月5日に開催された「Yu-Gi-Oh!WORLDワールドCHAMPIONSHIP2018(通称WCS2018)」で来場者限定に配布されたプロモーションカード。黒封筒にブラックマジシャンの20thシークレットレアとともに入っており、未開封封筒はより高額な価格で取引されている。カード単体としても透明のビニールパックに入っている。

ブルーアイズはもともと1999年3月に発売した初期スターターボックスに収録されていたカードで、アニメでは勿論遊戯王ユーザーなら誰しもが知る超人気カード。ブランド力があり、その後も様々なパックに封入され、高額になっているものが多い。イラスト違いも多数存在する。

2001年4月には「スペル・オブ・マスク」でアルティメットレアが登場し現在高額になっている。2019年には純金製のブルーアイズが500名限定で抽選販売され、大きな話題となった。現在はかなりの高額となっている。

20thシークレットレアはカード全体が格子状のホイル加工を施しており、カード名が赤色のダイヤモンドカット箔になっている。テキスト欄中央に20thのロゴ入り。

ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン(20thシークレットレア)の価格推移相場

期日 相場価格(未開封)
2018年8月 45,000~50,000円
2018年9月 35,000~40,000円
2018年10月 25,000~30,000円
2018年11月 35,000~40,000円
2018年12月 35,000~40,000円
2019年1月 35,000~40,000円
2019年2月 20,000~30,000円
2019年3月 30,000~35,000円
2019年4月 30,000~35,000円
2019年5月 30,000~33,000円
2019年6月 30,000~33,000円
2019年7月 35,000~40,000円
2019年8月 35,000~40,000円
2019年9月 35,000~40,000円
2019年10月 40,000~45,000円
2019年11月 43,000~48,000円
2019年12月 70,000~90,000円
2020年1月 80,000~83,000円
2020年2月 80,000~83,000円
2020年3月 70,000~75,000円
2020年4月 50,000~60,000円
2020年5月 90,000~100,000円
2020年6月 160,000~180,000円
2020年7月 190,000~220,000円
2020年8月 250,000~300,000円
2020年9月 300,000~380,000円
2020年10月 200,000~250,000円
2020年11月 200,000~230,000円
2020年12月 200,000~230,000円
2021年1月 200,000~220,000円
2021年2月 180,000~200,000円
2021年3月 180,000~200,000円
2021年4月 180,000~210,000円
2021年5月 180,000~200,000円
2021年6月 200,000~220,000円
2021年7月 170,000~190,000円
2021年8月 180,000~200,000円
2021年9月 180,000~210,000円
2022年2月 180,000~190,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

2021年2月時点での考察予想

WCS2018の来場者限定で配布されたブルーアイズは初期イラストということもあり、人気が高く、かなりの高額となっています。一時は25万円を超える価格で取引されており、配布された当初と比べると10倍以上となっていました。ブルーアイズの根強い人気を感じますね。

現在は少し落ち着きましたが、20万円前後では取引されており、高い価格を維持しています。2020年はWCS配布系のカードが軒並み高騰した年でしたが、果たして今後はどうなるでしょうか?半年で一気に下がることもザラにあるので予想は難しいですね。

ただ、20thシクが終了して注目され始めているので、ブルーアイズのブランド力と合わせて考えると急な暴落はないではと個人的には予想しています。初期イラストのブルーアイズはコレクターならなかなか手放さないと思います。

 

おすすめの記事