【遊戯王価格】青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)初期ウルトラレア最新価格推移、今後の値上がり予想

現在の価格 130,000~150,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

この記事では遊戯王カードのブルーアイズホワイトドラゴン(初期ウルトラレア)の最新情報や最新価格推移を紹介していきます。価格に関しては変動次第更新していく予定ですのでチェックお願いします。

ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン能力・効果

属性 光属性
種族 ドラゴン族
レベル 8
その他項目 通常
攻撃力 3000
守備力 2500
コード -
カードテキスト
高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。

ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンとは?

1999年3月6日に発売された「STARTER BOX 劇場限定版」に収録されていたブルーアイズホワイトドラゴンのウルトラレア仕様。このパックで初めて登場し、その後も様々なパックに再録される人気カードとなった。アニメでもお馴染みで、ブランド力のあるカード。高額になっているカードも多く、イラスト違いも多数存在する。

2001年4月には「スペル・オブ・マスク」でアルティメットレアが登場している。2019年には純金製のブルーアイズが500名限定で抽選販売され、大きな話題となった。2020年3月に行われたプリズマティックシークレットレア「青眼の白龍」ゲットキャンペーンで3000名限定でプリズマティックシークレットレア仕様も配布されている。

ウルトラレアはカードイラスト、属性マーク、★マークがホイル加工、カード名が金色の箔押しとなっている。レアリティとしては珍しいものではなく、通常パックにも封入されている。

ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン(初期ウルトラレア)の価格推移相場

期日 相場価格
2019年3月 30,000~50,000円
2020年2月 80,000~100,000円
2020年8月 100,000~120,000円
2021年3月(現在) 130,000~150,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

2021年3月時点での考察予想

「STARTER BOX 劇場限定版」に収録されていたブルーアイズホワイトドラゴンのウルトラレア仕様。初めて登場したブルーアイズということで希少価値が高く、20年以上前のカードということで美品として残っているものも非常に少ない状態です。

ウルトラレアで10万円を超えるカードは珍しく流石ブルーアイズという印象を受けますね。ただ、高額になっているのは美品のみで、状態が悪いものが2~3万円で取引されています。昔は綺麗にスリーブするという文化も乏しかったので、状態で価格が大きく変わってしまうカードですね。

初期のブルーアイズということを考えれば今後も高騰する可能性は高く、そうそう相場が下がることはないでしょう。ただ、美品が市場に出回ることは珍しく探すのは大変でしょう。フリマサイトで購入するのも危険かもしれません。

おすすめの記事