【遊戯王価格】青眼の亜白龍(20thシークレットレア)最新価格推移、今後の値上がり予想【遊戯王カード買取相場】

現在の価格 54,000~55,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

この記事では遊戯王カードの青眼の亜白龍(20thシークレットレア)の最新情報や最新価格推移を紹介していきます。価格に関しては変動次第更新していく予定ですのでチェックお願いします。

青眼の亜白龍能力・効果

属性 光属性
種族 ドラゴン族
レベル 8
その他項目 特殊召喚 / 効果
攻撃力 3000
守備力 2500
コード 20CP-JPF01
カードテキスト
このカードは通常召喚できない。手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。②:1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

青眼の亜白龍とは?

2020年1月11日発売のエターニティ・コードボックスに同封されている「20thシークレットレア FINALCHALLENGEPACK」に収録されている青眼の亜白龍の20thシークレットレア仕様。このパックは1ボックスも1パックだけ同封されており、20thシクの封入率が1/3と低く、他に収録されている20thシークレットレアも高額となっている。

20thシークレットレア FINALCHALLENGEPACK

青眼の亜白龍はもともと2015年12月12日公開の「劇場版 遊戯王THE DARK SIDE OF DIMENSIONS(ザ・ダーク・サイド・オブ・ディメンジョンズ)」の前売り特典として配布されたカードで、他にも2017年8月13日に行われたYu-Gi-Oh! WORLD CHAMPIONSHIP 2017 (通称WCS2017)で来場者限定にシークレットレア仕様も配布されている。

青眼の亜白龍(シク)の情報はこちら

20thシクはカード全体が格子状のホイル加工を施しており、カード名が赤色のダイヤモンドカット箔になっている。テキスト欄中央に20thのロゴ入り。通常BOXにも収録されており、4BOXに1枚の封入率となっている。(エターニティ・コードボックスで20thシクは終了した)

青眼の亜白龍(20thシークレットレア)の価格推移相場

期日 相場価格(未開封)
2020年1月 25,000~30,000円
2020年2月 18,000~22,000円
2020年3月 15,000~18,000円
2020年4月 15,000~18,000円
2020年5月 20,000~25,000円
2020年6月 25,000~30,000円
2020年7月 35,000~40,000円
2020年8月 50,000~55,000円
2020年9月 80,000~85,000円
2020年10月 50,000~55,000円
2020年11月 50,000~55,000円
2020年12月 40,000~45,000円
2020年1月 35,000~40,000円
2020年2月 40,000~45,000円
2021年3月 35,000~42,000円
2021年4月 42,000~44,000円
2021年5月 43,000~45,000円
2021年6月 43,000~45,000円
2021年7月 40,000~43,000円
2021年8月 40,000~45,000円
2021年9月 50,000~52,000円
2022年3月 54,000~55,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

2021年3月時点での考察予想

「20thシークレットレア FINALCHALLENGEPACK」に収録されている青眼の亜白龍の20thシークレットレア仕様。登場したのは2015年と古いカードではないですが、ブルーアイズ関連で人気が高く、コレクターはそうそう手放さないでしょう。

20thシークレットレア FINALCHALLENGEPACKがエターニティ・コードの1ボックスに1パックにしか配布されず、さらに20thシクは3分の1という封入率となっていたために希少価値も高く、その中で青眼の亜白龍は1番人気のカードでした。

現在価格は4万円前後と登場時と比べると倍近く値上がりしています。今後の急な高騰は難しいかもしれないですが、20thシクが終了したことを考えるとまだ高騰する余地はあるように個人的には思います。

おすすめの記事