【遊戯王価格】聖なるバリア -ミラーフォース(ブルーシークレットレア)最新価格推移、今後の値上がり予想

現在の価格 39,000~40,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

この記事では遊戯王カードの聖なるバリア -ミラーフォース(ブルーシークレットレア)の最新情報や最新価格推移を紹介していきます。価格に関しては変動次第更新していく予定ですのでチェックお願いします。

聖なるバリア -ミラーフォース能力・効果

効果 通常罠
コード SBPR-JP005
カードテキスト
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。

聖なるバリア -ミラーフォースとは?

2020年11月23日に開催された「Yu-Gi-Oh! UNITED DUEL TOURNAMENT」で配布された聖なるバリア -ミラーフォースのブルーシクレットレア仕様。この大会は全国5,000人、1会場あたり8名で開催され、優勝者1名と残りの参加者7名から抽選で1名にミラーフォースのブルシクが配布された。一つの会場で2枚配布されているので合計1,250枚配布されたカードということになる。透明のビニールパックに入っており、未開封はより高額となる。

聖なるバリア -ミラーフォースはもともと2000年1月27日発売の「Vol.7」に収録されていたカードで、古参ユーザーにはお馴染みのトラップカード。戦況を一気に変えられる高性能で当時から人気が高かった。その後も様々なパックに収録され、2015年11月28日発売の「ミレニアムボックス ゴールドエディション」ではミレニアム仕様が収録されている。

カードイラストが格子状のホイル加工を施しており、カード名が青色のダイヤモンドカット箔になっている。通常のシークレットレアの文字が青色となっている仕様。非常に珍しいレアリティ。

聖なるバリア -ミラーフォース(ブルーシークレットレア)の価格推移相場

期日 相場価格(未開封)
2020年11月 100,000~130,000円
2020年12月 90,000~100,000円
2021年1月 80,000~85,000円
2021年2月 66,000~69,000円
2021年3月 60,000~66,000円
2021年4月 58,000~60.000円
2021年7月 53,000~57,000円
2021年9月 50,000~53,000円
2021年11月 44,000~45,000円
2022年2月 42,000~44,000円
2022年3月 39,000~40,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

2021年4月時点での考察予想

「Yu-Gi-Oh! UNITED DUEL TOURNAMENT」で配布された聖なるバリア -ミラーフォースのブルーシクレットレア仕様。ミラーフォースは「Vol.7」に収録されていた初期のトラップカードで、知名度も高く、人気があります。

現在の相場は6万円前後と高額になっており、配布枚数が1,000枚程しかないと考えると不思議ではない金額ですね。ただ、配布されてから価格は右肩下がりで暴落しており、最も高かった13万円から半値程になりました。他のブルシクも暴落していますし、おそらく注目度が薄れてきていると思われます。

ここから急な高騰は考えにくいですが、長い目で見た場合は希少性は高いので、価格が戻る可能性もあるでしょう。ただ、トラップや魔法カードはモンスターカードと比べると人気は劣るので、いくら知名度の高いミラーフォースでも異常な高額になるのは難しいかもしれません。

 

おすすめの記事