【遊戯王価格】地獄の裁判(ウルトラシークレットレア)最新価格推移、今後の値上がり予想

現在の価格 110万円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

この記事では遊戯王カードの地獄の裁判(ウルトラシークレットレア)の最新情報や最新価格推移を紹介していきます。価格に関しては変動次第更新していく予定ですのでチェックお願いします。

地獄の裁判能力・効果

属性 闇属性
種族 悪魔族
レベル 3
その他項目 通常
攻撃力 1300
守備力 900
コード -
カードテキスト
敵を棺桶に閉じこめ、地獄の使いがグサリと判決を下す。

地獄の裁判とは?

「Vジャンプ 1999年8月号特別プレゼント」で抽選50名に配布された地獄の裁判のウルトラシークレットレア仕様。Aセットと呼ばれる懸賞の中の1枚で、13人目の埋葬者・女剣士カナンと3枚セットになって額縁に収納され配布された。20年以上が経過し、バラバラになってしまっているものも多い。

地獄の裁判は、もともと 1999年3月6日に発売された「STARTER BOX 劇場限定版」に収録されていたノーマルカードで、特段強い訳ではないが古参ユーザーにはお馴染みのモンスター。その後も2000年5月18日発売の「青眼の白龍伝説 」にレア仕様が、2002年8月22日発売の「DUELIST LEGACY Volume 2」にノーマル版が再録されている。

女剣士カナン(ウルシク)の情報はこちら
13人目の埋葬者(ウルシク)の情報はこちら

ウルトラシークレットレアはカードイラストがウルトラレア同様のホイル加工、カード名がシークレットレアと同様のダイヤモンドカット箔になっている。珍しいレアリティ。

 

地獄の裁判(ウルトラシークレットレア)の価格推移相場

期日 相場価格
2019年5月 400,000~500,000円
2021年3月(現在) 1,000,000~1,300,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

2021年3月時点での考察予想

「Vジャンプ 1999年8月号特別プレゼント」で配布された13人目の埋葬者のウルトラシークレットレア仕様。限定50名ということで極端に枚数が少なく、お目にかかることも滅多にない1枚です。美品として残っているものも極めて少ないですね。

枚数が50枚となると市場に出回ることも稀で、相場もあってないようなものです。ほぼ言い値状態といっても過言ではないですが、だいたいの価格としては100万~150万程度になると推定されます。ちなみに現在フリマサイトのマギでは150万円で出品されているのが確認されています。Aセット合わせて660万の出品もあります。

遊戯王は2020年にバブル期を向かえ懸賞カードやプロモカードがかなり高騰しており、その影響を受けています。遊戯王カード自体に大きな暴落がない限りここまで希少なカードはそうそう値打ちが下がることはないでしょう。Aセットを揃えたいというユーザーもいるかもしれませんね。

おすすめの記事