【遊戯王価格】ファイヤー・ウイング・ペガサス(アジア版スーパーレア)最新価格推移、今後の値上がり予想

現在の価格 220,000~260,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

この記事では遊戯王カードのファイヤー・ウイング・ペガサス(スーパーレア)の最新情報や最新価格推移を紹介していきます。価格に関しては変動次第更新していく予定ですのでチェックお願いします。

ファイヤー・ウイング・ペガサス能力・効果

属性 炎属性
種族 獣族
レベル 6
その他項目 通常
攻撃力 2250
守備力 1800
コード WCS-AE503
カードテキスト
色鮮やかな真紅の翼をはばたかせ、天を駆け抜ける天馬。

ファイヤー・ウイング・ペガサスとは?

2005年8月7日に開催された「Yu-Gi-Oh! WORLD CHAMPIONSHIP 2005(WCS2005)」で国内最終予選参加者に配布された英語表記のファイヤー・ウイング・ペガサスのスーパーレア仕様。配布枚数は1600枚程度で希少価値は高い。透明のビニールパックに入っており未開封はより高額となる。

ファイヤー・ウイング・ペガサスはもともとは1999年8月26日に開催された「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 決闘者伝説 in TOKYO DOME 」でカード部門とゲーム部門のそれぞれ上位3位にウルトラレア版が配布され、世界に6枚しか存在しないカードとなっている。

ちなみにレプリカ版は2000年8月10日に発売した「PREMIUM PACK 3」にスーパーレア仕様とパラレルスーパーレア仕様が収録されている。こちらは左下に明確に「(Replica)レプリカ」と表記されており、流通数は多い。

スーパーレアはカードイラストのみがホイル加工となっており、カード名はノーマ仕様と同じ。レアリティとしては珍しいものではなく、通常パックにも封入されている。

ファイヤー・ウイング・ペガサス(スーパーレア)の価格推移相場

期日 相場価格(未開封)
2018年4月 50,000~60,000円
2019年4月 70,000~100,000円
2020年8月 100,000~150,000円
2021年3月(現在) 220,000~260,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

2021年3月時点での考察予想

「WCS2005」で国内最終予選参加者に配布された英語表記のファイヤー・ウイング・ペガサスのスーパーレア仕様。配布枚数は1600枚と少なく、配布されたのも2005年ということを考えれば未開封で残っているものは非常に少ないと想定されます。

相場は20万円前後で、フリマサイトのマギやカードラッシュなどで出品され、完売しているのが確認されています。メルカリなどでは開封品も6~8万円程度で取引されており、需要が高いのが分かります。本家が有名な希少カードというのも高騰の要因でしょう。

遊戯王のプロモカードは最近高騰しているものが多いので、遊戯王自体によっぽどのことがない限り、希少性を考えれば今後も高騰していく可能性は高いと思われます。未開封品はあまり市場に出回らないですし、数年後にはもっと手が出ない金額になっているかもしれませんね。

おすすめの記事