【遊戯王価格】ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード(ホログラフィックレア)最新価格推移、今後の値上がり予想

現在の価格 800~1,0000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

この記事では遊戯王カードのファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード(ホログラフィックレア)の最新情報や最新価格推移を紹介していきます。価格に関しては変動次第更新していく予定ですのでチェックお願いします。

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード能力・効果

属性 闇属性
種族 サイバース族
リンク 5
その他項目 リンク / 効果
攻撃力 3000
守備力 -
コード CHIM-JP037
カードテキスト
効果モンスター3体以上
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く。②:このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、このカードのカウンターの数×2500アップする。③:相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、このカードはもう1度続けて攻撃できる。

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードとは?

2019年7月13日発売の遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX(カオス・インパクトボックス)に収録されているファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードのホログラフィックレア仕様。20シク以外にもウルトラレア、シークレットレア、アルティメットレア、20thシークレットレアが存在し、ホログラフィックレアはこのボックスではファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードのみ。

ホログラフィックレアはカードイラストがホログラム加工で、カード名がダイヤモンドカット箔になっている。通常パックにも12箱に1枚の確率で封入されているレアリティで希少価値は高いが、シリーズに1種類しか存在しない。第11期から加工が大幅に変更された。

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード(ホログラフィックレア)の価格推移相場

期日 相場価格
2019年7月 300~400円
2020年1月 400~500円
2020年8月 400~600円
2021年3月(現在) 800~1,0000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

[qcld-ichart label="2019年7月,2020年1月,2020年8月,2021年2月" aspectratio="2" value="400,500,600,900" type="line" title="ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード(ホロ)価格推移" datasetname="価格" width="" backgroundcolor="" bgcolor="'#1e73be','#81d742','#eeee22','#dd9933'" bordercolor="" pointerstyle="circle" linestyle=""]

2021年3月時点での考察予想

カオス・インパクトボックスに収録されているファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードのホログラフィックレア仕様。カードの光り方のホログラム加工がエターニティコードボックスを最後に大幅変更され、価格に影響を与えています。

遊戯王は基本的に絶版になったものは高騰する傾向にあるので、終了してしまったホログラフィックレアに注目が集まっているという状況です。現在価格は1000円に迫る価格で、販売時の倍程度に値上がりしています。今後もじわじわと上がる可能性があるので持って置いて損はないでしょう。

おすすめの記事