【遊戯王価格】カオス・ソルジャー -開闢の使者-(アルティメットレア・レリーフ)最新価格推移、今後の値上がり予想

現在の価格 45,000~55,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

この記事では遊戯王カードのカオス・ソルジャー -開闢の使者-(アルティメットレア・レリーフ)の最新情報や最新価格推移を紹介していきます。価格に関しては変動次第更新していく予定ですのでチェックお願いします。

カオス・ソルジャー -開闢の使者-能力・効果

属性 光属性
種族 戦士族
レベル 8
その他項目 特殊召喚 / 効果
攻撃力 3000
守備力 2500
コード 306-025
カードテキスト
このカードは通常召喚できない。自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。このカードの①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。②:このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

カオス・ソルジャー -開闢の使者-とは?

2003年4月24日発売の「混沌を制す者」に収録されていたカオス・ソルジャー -開闢の使者のアルティメットレア仕様。人気の高いカオスソルジャーのリメイクカードとして注目度が高く、ボックスにもプレ値が付いている。

その後も2012年1月7日発売の「GOLD SERIES 2012」にゴールドレア仕様が収録されたり、2019年10月12日発売の「イグニッションアサルトボックス」に同梱されている「10000種突破記念 SPECIAL PACK」に20thシークレットレア仕様が収録されている。

アルティメットレアはイラスト、属性マーク、★マークがレリーフ加工、カード名が金箔となっている。非公式でレリーフと呼ばれている。通常パックにも収録されているレアリティ。(第11期から加工が大幅に変更された)

カオス・ソルジャー -開闢の使者-(アルティメットレア・レリーフ)の価格推移相場

期日 相場価格
2019年1月 12,000~15,000円
2019年10月 18,000~20,000円
2020年3月 20,000~25,000円
2020年7月 35,000~40,000円
2020年11月 45,000~50,000円
2021年4月 40,000~45,000円
2023年3月 45,000~55,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

2021年4月時点での考察予想

「混沌を制す者」に収録されていたカオス・ソルジャー -開闢の使者のアルティメットレア仕様。カオスソルジャーは遊戯王ではトップクラスの人気を誇るモンスターカードで、そのリメイクカードとして注目度の高いカードです。

さらにアルティメットレアはユーザーの間から非公式でレリーフと呼ばれ人気の高いレアリティとなっています。レリーフ加工が変わってから初期のレリーフが高騰傾向にあり、カオス・ソルジャー -開闢の使者もその影響で値上がりしました。

現在の相場は4~5万となっていますが、古いカードなので状態によって大幅に価格が変動します。状態に拘りのない方であれば1~2万円で購入することができるので、入手自体は容易です。ただ、美品となると数も少ないですし、高額になります。今後も美品は高騰していく可能性が高いでしょう。

 

おすすめの記事