【遊戯王価格】オネスト(プリズマティックシークレットレア)最新価格推移、今後の値上がり予想

現在の価格 15,000~18,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

この記事では遊戯王カードのオネスト(プリズマティックシークレット)の最新情報や最新価格推移を紹介していきます。価格に関しては変動次第更新していく予定ですのでチェックお願いします。

オネスト能力・効果

属性 光属性
種族 天使族
レベル 4
その他項目 効果
攻撃力 1100
守備力 1900
コード LIOV-JPS01
カードテキスト
①:自分メインフェイズに発動できる。フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。②:自分の光属性モンスターが戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

オネストとは?

2021年1月16日発売の遊戯王OCG デュエルモンスターズ LIGHTNING OVERDRIVE BOX(ライトニング・オーバードライブボックス)に収録されているオネストのプリズマティックシークレットレア仕様。このボックスの初回生産限定の+1ボーナスパックにのみに収録されており、封入率が非常に低い。

オネストはもともと2008年2月23日発売の「ライト・オブ・デストラクション」に収録されていたカードで、ウルトラレア、アルティメットレア、ホログラフィックレアが登場している。アニメにも登場している人気モンスターで収録回数も多く、レアリティも多数存在する。

プリズマティックシークレットレアはカード全体が格子状のホイル加工を施しており、カード名がダイヤモンドカット箔になっている。通常BOXにも収録されているレアリティで、4BOXに1枚の封入率となっている。

オネスト(プリズマティックシークレット)の価格推移相場

期日 相場価格
2021年1月 33,000~38,000円
2021年2月 22,000~26,000円
2021年3月 20,000~23,000円
2021年4月 15,000~18,000円
2021年6月 12,000~15,000円
2021年7月 12,000~15,000円

※相場に関してはメルカリ、ラクマ、ヤフオクでの取引を総合的に見て決定しています。変動があれば随時更新予定です。

2021年1月時点での考察予想

オネスト(プリズマティックシークレット)は、+1ボーナスパックに封入している希少価値の高いレアカードです。基本的に+1ボーナスパックのプリシクは封入率が非常に低く、竜騎士ガイアやダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴンなども価格が高騰しています。

+1ボーナスパックのトップレアは販売当初一気に高騰し、少し下がって、また上がるという傾向があるのでいまから少し下がる可能性はありますが、長い目で見た場合はやはり希少性が高く、入手困難なカードです。急な暴落というのはなかなか考えにくいですね。

現時点でフリマアプリを見てみると出品数が異常に少なく、封入率の低さが表れています。カードショップ情報では買取33,000円が多いように感じました。いったんはその辺りで落ち着きそうですね。

2021年3月時点での考察予想

ボックスの発売から2か月程経過し、価格が下がってきていますね。封入率が非常に低いカードなので希少価値としては高いですが、竜騎士ガイアなどと比べると影が薄い状態になっています。日数が経てば徐々に高騰する可能性はありますが、現時点で急な高騰は考えにくい状態です。

2021年4月時点での考察予想

プリシクが全体的に下落している状況ですが、オネストは特に暴落していますね。オネスト自体の人気も勿論ありますが、プリコレなどの販売によって影が薄くなっているかもしれません。正直どこまで下がるか未知数ですが、1万は切らないのではと予想しています。

おすすめの記事