YUDTで配布された暗黒騎士ガイアのブルシクがフリマに大量流通!不人気レアリティも初動から高騰!

新たなブルシク登場!

こんにちは管理人のえだまめです!

今回は昨日2023年2月26日に開催された「Yu-Gi-Oh! UNITED DUEL TOURNAMENT」で配布されたプロモカードについてです。

YUDTでは毎回ブルーシークレットレアと呼ばれているカードを配布するのが恒例となっており、流通量が少ないことから高額になることが多いです。今回はどうなったのでしょうか?

 

配布プロモカード

暗黒騎士ガイアとは?

配布されるプロモカードは古参ユーザーにはお馴染みの「暗黒騎士ガイア」のブルーシークレットレアとなりました。暗黒騎士ガイアとは1999年2月4日発売の「Vol.1」で初登場したカードで、知名度の高い最初期のモンスターです。

初代アニメでも主人公遊戯が使用する主力モンスターの1体として何回か登場していましたね。思い入れの強い方も多いと思いますし、最近高レアリティでの収録もなかったので嬉しいという方も多いでしょう。

入手方法

各会場の優勝者と優勝者を除く抽選当選者に1枚づつ配布されます。一会場8人で行われるので8人のうち2人は貰えることになります。ただ、大会の参加自体が狭き門なのでまずはそこの抽選に当選しないと貰うことはできません。

現在の相場は?

2023年2月26日 2023年2月27日

暗黒騎士ガイアのブルーシークレットレアの相場はこのようになっており、現在初動より高騰し、3万円を越えています。暗黒騎士ガイアは非常に人気のあるモンスターなので流石に安いという声も多かったですし、すぐに値上がりしましたね。

ただ、YUDTでの配布となるとおそらく流通枚数は1500枚前後になると思うので希少性を考えると3万円でもそこまで高いという印象はありません。やはりブルーシークレットレアはあまり人気がないですし、プロモカードとしては少し物足りなさを感じます。

ブルシクの相場まとめ

カード名 配布枚数 現在の相場 応募内容
ディアンケト 1000枚 6万円 ハッシュタグを付けてツイート
団結の力
1000枚 4.5万円 ハッシュタグを付けてツイート
青眼の亜白龍 1000枚 16万円 リモートデュエルの登録、応募
守護神官マハード 1000枚 4.4万円 遊戯王OCG検定合格者から抽選
ミラーフォース 1500枚前後 3.3万円 YUDTで配布
ジャンヌ 1500枚前後 1.5万円 YUDTで配布
ホーリーエルフ 1500枚前後 6万円 YUDTで配布
光の護封剣 1500枚前後 1.3万円 YUDTで配布
暗黒騎士ガイア 1500枚? 3.5万円 YUDTで配布

これまでに配布されたブルーシークレットレアの現在の相場はこのようになっており、ピーク時からほとんどのカードが値下がりしています。どれも配布枚数の割に安いですし、高騰する様子も見受けられないですね。

ブルーシークレットレアの人気もありますが、やはり遊戯王の相場自体が全体的に落ち着いてしまっているのが大きな要因でしょう。ここ最近はポケカの人気が凄まじいので投資家やコレクターがそちらに流れている可能性が高いです。25周年も始まりましたし、もう一度遊戯王もバブル到来が見たいですね。

 

おすすめの記事