20thに続いてプリシクもバブル到来か?高騰の勢いが止まらない状態に…

プリシクも高騰?

こんにちは管理人のえだまめです!

今回はみるみるカードが高騰している遊戯王のプリズマティックシークレットレアについてです。20thシクの高騰が異常な状態となっていますが、それに吊られてプリシクもここ最近かなり高騰しています。

価格推移を紹介しつつなぜここまで値上がりしているのか簡単に考察していきたいと思います。(プリズマティックアートコレクションの収録カードは以前に紹介したので今回は省きます)

 

収録カードの価格推移

金満で謙虚な壺
2021年8月:7,500円
現在:15,000円
アルバスの落胤
2021年2月:3,500円
現在:6,800円
クラリアの蟲惑魔
2021年6月:6,500円
現在:11,000円
閉ザサレシ世界ノ冥神
2021年10月:12,000円
現在:18,000円
鉄獣戦線 徒花のフェリジット
2021年6月:12,000円
現在:16,000円
白の聖女エクレシア
2021年10月:27,000円
現在:37,000円
教導の聖女エクレシア
2021年6月:22,000円
現在:40,000円

高騰要因はやはり20thシク?

ということでプリシクの高騰カードを何枚か紹介しましたが、これ以外にも高騰しているカードは多数存在しています。20thシクほど爆発的な上がり方ではないですが、女の子カードを中心に明らかに値上がりしてきていますね。

要因としてはやはり20thシクが異常な高騰となっているので、その後継レアリティであるプリシクを今のうちに買って置こうと考えているコレクターや投資家が多いのだと思います。20thシクもレアリティが終了してから急激に上がってきたのでプリシクも終了すれば同じ流れになるかもしれません。

最近はプロモカードよりもパック産のカードが人気なのも大きな特徴で、転売グループが吊り上げているという可能性は否定できないですが、需要が高まっているというのは悪いことではないと思います。

これが一時的なバブルなのかどうか今後が非常に楽しみですね。

 

おすすめの記事