盛り上がりを見せるマスターデュエル!紙のカードは今後どうなるのか?

日々話題に!

こんにちは管理人のえだまめです!

今回はかなり盛り上がりを見せている「マスターデュエル」についてです。1月19日に意外とあっさり配信されて驚きましたが、その後はYouTubeなどで配信者の方が実況したり、Twitterのトレンドに日々上がったりとかなり話題になっています。

クオリティも非常に高く、課金要素もありますが、比較的安価で遊べるということでゲーム自体は概ね高評価となっている印象です。こうなると実際の紙のカードで遊ぶ人は益々減ってしまうという可能性もありそうですが、どうなるんでしょうか?

マスターデュエルのメリット

ちなみに「マスターデュエル」はスマホ版も1月27日に配信がスタートし、これでスイッチ、XBOX、PS機、PC、スマホと様々なプラットフォームで遊ぶことが可能になっています。現在のゲーム業界は多様化しているのでほぼ全てのプラットフォームに対応しているのはとても素晴らしいことです。

その他にもマスターデュエルは紙のカードと比べてメリットが多く、いくつか紹介したいと思います。

メリット
・対戦相手がすぐに見つかる。
・審判が必要ない(誤審もない)
・シャッフルなどの手間がかからない
・デッキを持ち歩かなくて良い(カードの盗難もない)
・今のご時世クラスターが起きない

などなどやっぱり時代はデジタルだと思わざるおえないほどメリット尽くしです。実際の紙のカードは資産として残るという意味では素晴らしいですが、単純にプレイしたいという方にとってはどう考えても「マスターデュエル」の方が遊びやすいですし、敷居も低いです。

紙のカードは廃れるのか?

今後マスターデュエルにて様々な大会を用意していると公式が発表していますし、実際の紙のカードよりどんどんデジタルが主流になっていく可能性が高いですね。3月にYCSJの開催を予定していますが、オミクロン株の流行で本当に開催があるのか疑問にも思いますし、こういった問題もデジタルなら心配いらないのも強みですよね。

ただ、紙のカードが完全に廃れることはないと思います。もうお分かりだと思いますが、年々遊戯王カードはコレクターが増え、プレイヤーは減りつつあります。デジタルで好きなカードを集めても物欲は満たされませんし、カードのデータに投資的な価値はほぼありません。

なので、今後よりいっそうコレクターが増え、マスターデュエルで復帰した古参ユーザーが昔欲しかったカードを集めるという可能性もあります。そうなるとますますシングルカードの価格は値上がりしていくかもしれませんね。

おすすめの記事