ダークウィング・ブラストがじわじわ値下がり…ボックス相場とシングルの価格推移まとめ!

徐々に値下がり

こんにちは管理人のえだまめです!

今回は2022年7月16日に発売された「ダークウィング・ブラスト」のその後の価格推移についてまとめていきたいと思います。

予想以上に熱い内容となり、争奪戦となっていましたが、発売から二週間ほど経過して現在はどのくらい変動しているのでしょうか。ボックスの相場も合わせてみていきましょう。

 

収録カードの価格推移(一部)

赫の聖女カルテシア(プリシク)
2022年7月16日:58,000円
2022年7月31日:42,000円
迷宮城の白銀姫(プリシク)
2022年7月16日:55,000円
2022年7月31日:42,000円
ブラックフェザー・ドラゴン(プリシク)
2022年7月16日:48,000円
2022年7月31日:30,000円
ティアラメンツ・ルルカロス(プリシク)
2022年7月16日:34,000円
2022年7月31日:20,000円
魔界特派員デスキャスター(プリシク)
2022年7月16日:14,000円
2022年7月31日:7,000円
深淵の獣ルベリオン(プリシク)
2022年7月16日:5,500円
2022年7月31日:6,300円
クシャトリラ・ユニコーン(プリシク)
2021年7月16日:6,000円
2022年7月31日:3,500円
蟲の忍者-蜜(プリシク)
2022年7月16日:5,500円
2022年7月31日:3,000円
春化精の女神 ヴェーラ(プリシク)
2022年7月16日:5,000円
2022年7月31日:2,600円

ボックス相場(初回生産版)

2022年7月16日 2022年7月31日

いつもの流れ

ということでダークウィング・ブラストの価格推移を見てみましたが、予想通りほとんどのカードが初動から値下がりしていますね。まぁ相当なことがない限り初動から高騰するカードはないのでいつもの流れといった印象です。

ボックスの相場もシングルと比例して下がっており、現在は6,500~7,000円の間くらいでの取引が多くなっています。ただ、初回生産版の再販はないのである程度年月が経過すれば高騰する傾向が強いので保管しているという投資家も多いかもしれません。今回は女の子カードが多いですからね、数年後には人気ボックスになっているかもしれません。

次回の新弾は10月15日の「フォトン・ハイパーノヴァ」になりますが、果たしてどんなパックになるんでしょうか。ここ最近は非常に収録内容が熱いので争奪戦になる可能性が高いです。欲しい方は早めの予約をお勧めします。

 

おすすめの記事