クォーター・センチュリー・エディションが早くもフリマ転売!?1箱1万円以上で取引されてしまうww

超高額転売

こんにちは管理人のえだまめです!

今回は来年2月に発売される『RARITY COLLECTION-QUARTER CENTURY EDITION-』が早くもフリマに無在庫転売され、超高額で取引されている件についてです。

ご存じの通り遊戯王の2月のパックはコレクター需要の高いカードが多数収録されることから毎年人気で、特に今年は新レアリティの登場もあり早くも激しい争奪戦の様相を呈しています。どの程度の相場となっているのでしょうか。

 

詳細情報

商品名 『RARITY COLLECTION -QUARTER CENTURY EDITION-(仮)』(レアリティ・コレクション クォーター・センチュリー・エディション)
発売日 2023年2月18日(土)
価格 1パック4枚入り352円(税込)
公式サイト掲載文
『OCG』誕生25周年を記念して「RARITY COLLECTION」の最新作が2023年2月18日(土)に発売されることが決定した。このパックには、過去に登場した人気カードが豪華レアリティ仕様で再録されるぞ。また、25周年を記念した新レアリティ「クォーターセンチュリーシークレットレア」が初登場!
『RARITY COLLECTION-QUARTER CENTURY EDITION-』についての続報は、Vジャンプや週刊少年ジャンプで公開していくぞ。
レアリティ詳細
【全80種類】
・ウルトラレア 25種
・スーパーレア 55種
スーパーレア・ウルトラレアカードには、
クォーターセンチュリーシークレットレア仕様/エクストラシークレットレア仕様/シークレットレア仕様/アルティメットレア仕様/コレクターズレア仕様も存在します。
ウルトラレアカード2種にはホログラフィックレア仕様も存在します。
同名カードに複数のレアリティが存在します。

高額過ぎる…

まず、フリマサイトmagiは色んなTCG関連商品の無在庫出品に使われているので何かしら対策すべきだと思いますが、問題ないと判断しているのでしょうか。発売前の商品が当たり前のように出品されているのは違和感を感じます。

相場は現在1BOX1万円以上の価格で取引されており予想以上の高額となっている印象を受けます。流石に発売までかなり時間があるので信憑性の低い相場ではありますが、収録レアリティから考えてもプリズマティックアートコレクションと同等クラスのボックスになっても何らおかしくはありません。

大争奪戦勃発確定

昨年の「ヒストリーアーカイブコレクション」は珍しく2月のボックスの中ではそこまで戦争にはなりませんでしたが、今回の「クォーター・センチュリー・エディション」は間違いなく大争奪戦となると予想されます。

新レアリティの「クォーターセンチュリーシークレットレア」の収録がかなり大きいですし、全80種全てにその新レアリティがあるとなると1箱に1枚確定でも人気どころを引くのは難しく、高額カードが多数出てくることが容易に想像できます。

予約するのは難しくなると思いますし、抽選販売になるところも多くなりそうですね。とにかく情報収集を欠かさず、抽選が受けられる場所はできるだけ多く受けることをお勧めします。さぁ転売ヤーとの戦争が始まりそうですね。

 

おすすめの記事