スタートデッキ海軍が早くもフラゲ出品開始!定価の3倍の価格で取引されてしまう…

間もなく発売

こんにちは管理人のえだまめです!

今回は9月30日発売のワンピースカードゲーム「スタートデッキ海軍」が既にフリマで多数出品されており、高額取引されている件についてです。

ワンピカードは第1弾のパックも未だに品薄となっていますし、もはや敢えて品薄商法を取っているのかと思うくらい市場の流通量が少ない状態となっています。スタートデッキ海軍の予約も抽選が多く、かなり品薄となっていましたね。

 

詳細

発売日 2022年9月30日
定価 990円(税込み)
収録 ・構築済みデッキ:カード51枚(全17種)
・ドン!!カード:10枚
・プレイシート:1枚
レアリティ ・リーダーカード:1種
・スーパーレア:2種
・コモン:14種

高額取引…

9月28日の夜には既にメルカリでのフラゲ出品が始まっており、取引価格は3,000円程となっています。定価が990円なのでなんと3倍の相場となっており、相変わらず人気の高さが伺えますね。

メルカリでは送料や手数料を基本的には出品者が負担するので意外と利益が少なかったりしますが、それらを考慮しても1箱で1,000円以上利益が出ている計算になります。完全に転売餌食となってる状態ですね。

再販に期待?

ランダム性のない構築済みデッキがここまでの相場になるのはなかなか珍しいですし、ポケカや遊戯王でもほとんど見られないですね。天下のバンナムならもっと生産数を増やせても良いよに思いますが、新しいカードゲームですし体制が整っていないのでしょうか。

第1弾やその他のスタートデッキも発売後少しづつ再販されているので今後おそらくスタートデッキ海軍も再販されるとは思います。ただ、欲しい人に行き渡るほどの量になるかは未知数ですし、フリマでもプレ値が続きそうですね。いま最も定価で買うのが難しいカードゲームなのは間違いないと思います。

 

おすすめの記事