スタートデッキ ワンピースフィルムエディションがフラゲ出品で定価の5倍以上で取引!買えないスタートデッキw

買えません…

こんにちは管理人のえだまめです!

今回は明日8月6日に発売される「スタートデッキ ワンピースフィルムエディション」が既にフリマでフラゲ出品されており、とんでもない高額で取引されている件についてです。

ワンピースカードゲームは第1弾の「ROMANCE DAWN」が発売から品薄状態が続いており、転売餌食となっていますが、スタートデッキまで転売ヤーの標的となっているようです。現在の相場や内容を見ていきましょう。

 

第1弾詳細

スタートデッキ ワンピースフィルムエディション(ONE PIECE FILM edition)
発売日 2022年8月6日
価格 550円(税込み)
内容 ・構築デッキ:カード51枚(全17種)
・ドン!!カード:10枚
・インデックス:3枚

高レアリティカード(一部)

収録内容としてはシャンクスのリーダーカードがホロ仕様で収録されていたり、公開される映画「ONE PIECE FILM RED」のメインキャラクターとなるウタがSRで収録されています。映画公開と同じ日に発売ということで非常に盛り上がりそうですね。

気になるシークレット枠ですが、今のところ発表されていないですし、以前発売したスタートデッキにもなかったので低確率でパラレルカードが入っているようなことはなさそうです。もし入っていたらより一層争奪戦になるかもしれません。

転売価格

そして、現在の転売価格ですが、なんと2,500~3,000円程で取引されており、定価の5倍以上の相場となっています。ちょっと信じられない価格ですし、普通に買い手がいるのが恐ろしいですね。

明日の発売日にはもう少し流通量は増える思うので相場は下がると思いますが、入手難易度はかなり高くなるでしょう。第1弾に引き続き完全に転売餌食となってしまったようです。

ポケカ同じ流れ…

昨年のポケモンカードとかなり似た状態となっており、生産数を大幅に増やさないとプレイヤーが増えるというのはかなり困難になっていますね。品薄で話題になり人気になるという可能性はありますが、ポケカと違って土台がないので一気に廃れる可能性もありそうです。

しかも今回は映画のコンセプトを兼ねているとは言えただのスタートデッキですからね、第1弾も買えない状態でどうやって対戦できるのしょうか…10月に発売される第2弾も頂上決戦編なのでそれも早めに予約しない入手はかなり厳しいでしょう。

今後も新しい情報があればサイトにてお伝えしたいと思います。

 

おすすめの記事