白熱のアルカナの転売価格が9,000円を突破!新情報公開で高騰が止まらない状態に…争奪戦不可避

転売相場値上り

こんにちは管理人のえだまめです!

今回は2022年9月2日に発売される「白熱のアルカナ」の転売相場について紹介したいと思います。先日8月12日に新しい情報が公開され、「ジャローダV」のCSRや「チルタリス」のCHRなどの収録が判明しました。

人気の女の子トレーナーが描かれたカードが多いということで需要が高まっているようですね。このままだと未開封ボックスかなりの争奪戦になるかもしれません。

 

詳細情報

名称 ポケモンカードゲームソード&シールド強化拡張パック「白熱のアルカナ」
発売日 2022年9月2日
価格 1パック:260円(税込)
1BOX(20パック):5,200円(税込)
内容 1パック:6枚入り

価格推移

2022年8月12日
2022年8月13日
2022年8月14日
2022年8月15日

あくまでAmazonの転売価格なので絶対的な信憑性はないですが、見ての通り金曜日の情報発表からみるみる値上りしています。現在は9,500円近い相場となっており定価を5,200円を大きく上回っています。

流石に過大評価というか、この価格で買うには高すぎる気がしますが、まだ公開されていないカード次第では見合った相場になる可能性はありそうですね。

マギでは8,000円で取引

フリマサイトのマギで既にフラゲ出品されており、1箱8,000円で取引が成立しています。そもそも無在庫転売という問題はありますが、こちらの方が現実的な相場には思えますね。人気どころのカイが収録されたスペースジャグラーですら現在7,500円ほどですからこれでも十分高額です。

セレナのSRのイラストとCSR次第では一気に値段が変動しそうですが、既にカードショップでは争奪戦となっているので予約や抽選を受けないと未開封ボックスは買えないでしょう。開封したい方はポケモンセンターでシュリンクを破いての販売はあると思うので焦る必要はないと思います。

今後も大きな変動があれば随時サイトにてお伝えするので暇があればチェックして頂ければと思います。

 

おすすめの記事