ダークファンタズマほぼ定価まで暴落!目玉のヒナツSRも半額に…シングルカード価格推移まとめ!

買った方が良い?

こんにちは管理人のえだまめです!

今回は5月13日発売された「ダークファンタズマ」のその後についてです。ダークファンタズマは発売前から強化拡張パックということでバトルリージョンと同じように不人気ボックスになるのではと噂されていましたが、結果的にどうなったのか考察していきたいと思います。

まずは初動からのシングルカードの価格推移を見ていきましょう。

 

価格推移まとめ

ヒナツ(SR)
初動:9,300円
現在:5,200円
ヒスイ ゾロアークVSTAR(UR)
初動:6,000円
現在:4,500円
ダークバッチ(UR)
初動:8,300円
現在:4,000円
野盗三姉妹(SR)
初動:5,000円
現在:2,000円
ウォロ(SR)
初動:4,900円
現在:2,500円
ラブトロスV(CSR)
初動:5,000円
現在:3,000円
エルレイドV(CSR)
初動:3,200円
現在:1,500円
かがやくサーナイト
初動:2,000円
現在:1,100円

ボックスも暴落

5月13日 5月14日

暴落の原因は?

ということで初動からの価格推移を見てみましたが、かなり暴落していますね。まぁ初動は高額になりやすいので下がるのはなんら不思議ではないんですが、下がり方がかなり激しく半額以下になっているカードも多いですね。ボックスも定価同然の価格になっています。

大きな要因としては「バトルリージョン」と同じくスペシャルアートがないということと、CSRやかがやくポケモンの種類が少ないのというのが大きいと思います。あとは単純にポケモンやトレーナーの人気・性能に依存していると思われます。

さらに今回は発売後も「ダークファンタズマ」のボックスをポケセンオンラインで購入することもできましたし、わざわざフリマで買うという人も少ないでしょう。ボックスの相場が下がるのは当然ですね。生産数も様子を見る限り多そうなので買いやすいパックにはなりそうです。

 

おすすめの記事