第3弾「フレイム・オブ・レーヴァテイン」の現在の相場は大幅定価割れ…大量生産で転売ヤー消滅

転売ヤーが消える

こんにちは管理人のえだまめです!

今回は12月16日に発売が予定されているブースターパック第3弾「フレイム・オブ・レーヴァテイン」の現在の相場についてです。

発売が迫ってきていますが、TCG界隈ではほとんど話題になっておらず、シャドバエボルヴ自体が少し寂しい状態となっていますね。プレイヤーが増えていれば良いのですが、果たして…

 

商品情報

名称 ブースターパック第3弾「FLAME OF LAEVATEINN / フレイム・オブ・レーヴァテイン」
発売日 2022年12月16日(金)
価格 1パック 385円(税込)
1ボックス 6,160円(税込)
収録
収録詳細
【基本レアリティ:121種】
LG(レジェンド) 23種
GR(ゴールドレア) 29種
SR(シルバーレア) 29種
BR(ブロンズレア) 40種
※一部プレミアム加工のカードがございます。
【パラレル】
SP(スペシャル)1種
UR(アルティメットレア) 7種
SL(スーパーレジェンド) 22種
※UR(アルティメットレア)は基本レアリティのカードと加工やイラスト、フレームデザインの異なるカードです。
※SL(スーパーレジェンド)はLG(レジェンド)と加工やフレームデザインの異なるカードです。
【その他】
リーダーカード 6種
トークンカード 7種(再録)
壱百満天原サロメ箔押しサイン入りリーダーカード収録

大幅な定価割れ

Amazon

フリマ(magi)

いつも通りAmazonでは既に転売が開始されており、なんと定価を大きく下回る4,576円で出品されています。具体的な金額で言うと1,584円もお得に買えるということなので欲しい方はAmazonで購入するのもありかもしれませんね。

フリマサイトのmagiでも出品されており、1カートン84,800円で取引が成立しています。1カートンは16BOX入りなのでだいたい1箱5,300円くらいの相場となっていますね。カートンだと基本的にボックス販売より価値が上がるのですが、それでも定価割れとなっています。

発売前からこれだけ定価割れするのは珍しいですし、ウマ娘のコラボパックが大量生産で定価割れした影響がもろに出ていると思われます。第3弾の生産数がどうなるかは分からないですが、1弾や2弾も大量再販されているので大幅に減るということはないでしょう。

普通に買えるのは良いこと?

ワンピースカードゲームもそうですが、品薄で話題になる方が良いのか、大量に作ってプレイヤーを増やすのが良いのか非常に難しい業界ですよね。基本的にはプレイヤーを増やすことには始まらないので大量生産は大事ですが、そうなるとコレクターや投資家がそっぽを向いてしまうことが多いです。

プレイヤーだけで盛り上げていければそれが理想ですが、ポケカや遊戯王は昨今コレクターが急増したことで売り上げを伸ばしています。しかも投資家とコレクターは案外線引きが難しく、高くなったら売るというコレクターも多いです。

とはいえ始まったばかりのカードゲームですからまずは大量に作り対戦環境を整えることが大事であり、数年後に何かしらのきっかけでバブルが訪れることを待つ他ないでしょう。ワンピースは原作次第ですが、シャドバのきっかけは難しそうですね。

 

おすすめの記事